■お客様がセミナー・研修講師を弊社にご依頼される3つの理由
1) 初心者にもわかりやすく、眠くならない
2) ビジュアル分析、らくらく指数などのオリジナル手法があり、財務分析が楽しいと感じる
3) 倒産企業の事例が豊富であり、実践的である
    

■財務リスク研究所の研修・セミナーは、他社とここが違う!
1)

講師(代表者)は、5年連続で税理士試験に落ち、財務分析を習得するのに、さんざん苦労した

・財務初心者の「心理」「つまづくポイント」がわかります

・税理士・公認会計士の先生にはできない、財務初心者の心に響く「言葉」「表現方法」を持っています

  
2) 独自の分析手法・ツールが豊富

・「ビジュアル分析」

・「らくらく指数」

・「横山式シンプル・キャッシュフロー計算書」

・「横山式シンプル資金繰り表」など

  数字の苦手な講師だからこそ開発できた独自の手法です

 
3) 倒産企業の決算書を3,000社以上保有しており、倒産企業の分析事例が豊富
・「倒産企業の決算書」には、多くの学びがあります
 
4) ケーススタディが豊富で、ご要望に応じたカスタマイズが可能なカリキュラム
・与信管理をアウトソーシングしている弊社だからこそ、豊富な事例をご用意できます

・中小企業の決算書を毎日分析し、「潰れる」「潰れない」の与信判断という、

 極めて稀な仕事を生業としています。

 金融機関・信用調査会社・保険会社以外で、現在進行形の決算書を

 分析しているところはないと思います。

  →だからこそ、教科書にはないノウハウが当社には蓄積されています!

  →金融機関や信用調査会社のように、「潰れるか?潰れないか?」という視点で

    決算書を読めるようになりたいのであれば、弊社の研修はお役に立てると思います。

    
5) 安心の返金保障

・受講者のアンケート結果で、「満足」が60%未満となった場合、講師料は頂きません!

・品質を確かめることのできない研修・セミナーだからこそ、返金保障があれば安心です

 (リピーターのお客様が多いお蔭で、返金保障制度が維持できております)

 【ご注意】

  *財務リスク研究所へ直接お申し込み頂いた、研修・セミナーのみが対象となります

  *他社仲介による研修・セミナーは返金補償の対象とはなりません

  

  
 

社員研修をお受けになった感想 Top3
わかりやすかった
財務が「楽しい」と感じられた
もっと財務を学ばなければいけないと自覚した

     >お客様の声 (セミナーが中心です) 

 

  
  

研修をご希望される方へ 
 ・まずは @ご予算 A研修内容 B希望される講義時間 C開催希望日 D開催場所 をお知らせ下さい
 ・予算の範囲内で実現可能なカリキュラムをご提案いたします 
 ・日本全国、どこへでも出張致します

     >お問合せはこちら  

 
 
 

カリキュラム例

財務会計カリキュラム例
「基本編:直感でわかる財務会計入門」
 ・最も満足度の高いカリキュラムです!
 ・公式を覚えるのではなく、
   数字の裏に潜む問題点を考えさせることに主眼を置いております

【狙い】

 ●PL、BSの基本を学び、実務的な視点から業務への活かし方を学びます

 ●ビジュアル分析でバランスシートの本質をつかみます

 ●キャッシュフローを理解し、経営課題の推測手法を学びます

 ●財務会計の研修は眠くなるのが定番ですが、実践的な内容に加え、

   ビジュアル分析を用いることで、数字の苦手な方の財務アレルギーを取り除きます

【対象者】

 参加者のレベルに合わせ、カリキュラムをカスタマイズ致します

 過去の参加者例

  ・財務会計を基礎から学びたい方

  ・新卒者向け(高卒・大卒)

  ・営業担当、経理担当、与信管理担当、マネージャー、経営幹部等

 

【1日目:アカウンティングの基礎
 1.損益計算書
   @損益計算書(PL)とは
   A5つの利益区分
   B損益計算書の分析方法
 
 2.貸借対照表
   @貸借対照表(BS)とは
   A6つの区分
   B貸借対照表の見方
 
 3.キャッシュフローの基本を学ぶ
   @直感でわかる「ビジュアル分析」
   Aビジュアル分析基本グラフ
   B演習問題 

 

 

【2日目:アカウンティングの基礎
 4.キャッシュフロー計算書
   @キャッシュフロー計算書読解法
   A練習問題

 5.グループ演習
   @「黒字倒産企業の分析」
   Aグループ発表
   B講師講評 
 

  

*1日あたり7時間を目安にした場合の日数です

*最も効果が高いのは3〜4日間です(演習の時間が十分に確保できるため)

*ご要望により時間・日数等を調整することも可能です

  (研修費用は、できる限りご予算内で実現できるよう、調整させて頂きますので、

   まずはご予算をお知らせ下さい)
   

    
財務会計カリキュラム例
 「事業計画に必須となる、財務諸表の作り方」

【狙い】

 事業計画に必要不可欠な財務諸表(BS、PL、キャッシュフロー)を簡単に作る方法を学ぶ

 

【特徴】

 これまで分析した5000社のデータベースを用い、

 貴社の業界・取引先等の実情にそったケーススタディをご用意致します。

 また、他社には決して真似の出来ない「貴社専用の演習問題」と

 徹底的にシンプルさにこだわった独自の「財務分析ソフト」を使い、

 事業計画に必要となる財務諸表の作り方をマスターして頂きます。

  

【対象者】

 財務三表の基本知識がある方

 ●「直感でわかる財務会計入門」を受講された方

 過去の参加者例

  ・管理職、経営幹部等、決算書分析や経営計画を立案する立場にある方、

   若しくは育成対象となる方

  

【演習内容】

 1.決算書を分析ソフトに入力

 2.課題抽出(経営状況に対する仮説を立てる)

 3.課題を解決するための対策(仮説〜戦略立案)

 4.財務指標とCF計算書の分析結果が改善するよう、
  PLとBS のシミュレーションを行う

 5.3〜5期分の決算書を完成させる

 6.グループ発表

 7.講評 

  

【備考】

 *研修時間:最低でも6時間以上の時間を要します 

 *演習内容のボリューム等は研修時間により変わります 

 *分析ソフトは無償提供いたします 

 *巡回指導の都合上、5〜6グループを目安にグループ編成をお願いします

   

 

      
財務会計カリキュラム例
 「応用編:財務諸表の分析から経営改善計画書を作成する」

【狙い】

 ●下記作業を通して、財務分析〜経営計画立案までの一連の流れを学ぶ

    課題抽出) 各自の現状分析結果を基に問題点を挙げる

    仮説立案) 問題点を整理し、当該企業の経営状況を推測

    戦略立案) 経営改善策を立案

 

【特徴】

 これまで分析した5000社のデータベースを用い、貴社の業界・取引先等の実情にそったケーススタディをご用意致します。

 また、他社には決して真似の出来ない「貴社専用の演習問題」と「財務分析ソフト」を使って、徹底的に実践力を鍛えます。

  

【対象者】

 財務三表の基本知識がある方

 ●「直感でわかる財務会計入門」を受講された方

 過去の参加者例

  ・管理職、経営幹部等、決算書分析や経営計画を立案する立場にある方、

   若しくは育成対象となる方

  

【演習内容】

 1.決算書を分析ソフトに入力

 2.課題抽出(経営状況に対する仮説を立てる)

 3.課題を解決するための対策(仮説〜戦略立案)

 4.財務指標とCF計算書の分析結果が改善するよう、
  PLとBS のシミュレーションを行う

 5.次期の決算書を完成させる

 6.グループ発表

 7.講評 

  

【備考】

 *研修時間:最低でも6時間以上の時間を要します 

 *演習内容のボリューム等は研修時間により変わります 

 *分析ソフトは無償提供いたします 

 *巡回指導の都合上、5〜6グループを目安にグループ編成をお願いします

   

    
与信管理カリキュラム例 
「基本編:与信管理としての財務会計入門」

・本研修では与信管理の視点から財務会計を学びます

・決算書を入手できないから、学んでも意味がない?

 →資金が苦しくなる背景を知らなければ、与信管理業務は出来ません

 →お金の流れを知れば、取引先の動きが読めます

・対象者、カリキュラムは「直感でわかる財務会計入門」に準じます
    

    
与信管理カリキュラム例 
「応用編:支店長、営業所長のための財務力アップ研修」

 本研修では

   ・どのように経費を見積もればいいのか?
   ・どのように目標売上を算出すればいいのか? など

  予算策定にまつわる疑問点を解決し、数字の作り方のコツを学びます。

  また、これからの厳しい時代には売上・利益といったPLレベルの予算だけではなく、

  支店・営業所単位においてもキャッシュフローレベルの予算まで作り、

  会社全体の資金効率を高めながら、ROAの向上を目指す。

  それが生き残りのカギであり、そのカンタンな手法を学んで頂きます。

 

   ・対象者:支店長、営業所長、予算立案等の業務に携わる方

   ・学習形式:グループ演習

     *6〜7時間の1日開催を目安にしております

     *ご要望により時間・日数等を調整することも可能です
   

    

財務リスク研究所は、学ぶ機会の創出、人材教育を通じて、企業の経営力強化をお手伝いします